静寂な深淵から生み出した、

奇妙で美しい星建盞油滴ほ斑紋

Tenmo Abyss 

深淵カップ

煌く素敵な星空、

予想出来ない光影変化

Tenmo Nebula 

星空カップ

天目コーヒーカップ

订阅_001.jpg
FB封面3200X1800.jpg

ミステリーな「カップの中の宇宙」を

天目コーヒーカップ

千年前の正統建盞(けんさん)工芸で再現する

* メールで発売情報を受ける

* 超早割!お得な4割引をお見逃しなく!

订阅_002.jpg
组 9.jpg

Tenmo Nebula

星空カップ

煌く素敵な星空、

予想出来ない光影変化

Tenmo Abyss 

深淵カップ

静寂な深淵から生み出した、

奇妙で美しい星建盞油滴ほ斑紋

オリジナルの高難度取っ手デザイン

土と火の窯変芸術を再現

激しく変化する幻の宇宙

* メールで発売情報を受ける

* 超早割!お得な4割引をお見逃しなく!

100W.jpg
订阅_002.jpg
订阅_03.jpg
2.jpg
4-2.jpg

一時はやり、一度伝承が絶える

宋の時代で発祥したが、明朝から徐々に伝承が絶える。1970年代、清華大学美術学院と福建省の職人が力を合わせて研究しずつ、この素晴らしい工芸を再現できた。現在、宋朝の曜変天目建盞茶碗は世界で3点しか存在しない。

お茶のために生まれてたが、偶然に奇観が出た

最初の建盞は茶道具として製作されたが、偶然に、人たちは建盞が太陽の下で色沢が変わり、「碗の中の宇宙」のような景色を発見した。

4-1.jpg

超高温で焼成され、極めて低い成功率

1300~1400度の高温で焼成される。その過程の中で破砕や気泡が膨む可能性が高いので、成功率が低い。窯ごと30個のカップを焼くことが出来るが、外観が良いのは40%未満。

高難度の工芸と厳選された原料

福建省当地の鉄を含んだ粘土で、建盞に優しい手触りと色や斑紋の変化を与えた。昔ほかの地域の人も建盞を作ってみましたが、同類の粘土がないため、結局失敗で終わった。

  • Facebook Social Icon
LOGO-2.png

©2020 by Think And Do